皆坂の滝

 

大きい雄滝と小さい雌滝からなる落差約20mの滝です。瀧神社のご神体として古くから多くの信仰を集めており、かつては滝に打たれて心身を鍛える修行が盛んに行われていました。ふもとの石戸地区で生まれ育った大鳥圭介が、閑谷学校へ通う途中でのどを潤したと伝えられます。

施設名 皆坂の滝
住 所 678-1261 兵庫県赤穂郡上郡町旭日甲384-18
アクセス 智頭急行苔縄駅より徒歩約1時間30分
備 考 近畿自然歩道HP