法雲寺のビャクシン

ビャクシンスギ

法雲寺境内にそびえるビャクシンは、樹高33.5m、根まわり14.3m、幹周9.83mを測る日本最大のビャクシンで、兵庫県の天然記念物に指定されています。

推定樹齢は600~800年で、主幹は空洞化して地上4m付近で5本の支幹に分かれますが、樹勢はいたって盛んです。

ビャクシンは、成長が遅く泰然自若とした姿形が禅の教えに通じるとして、禅宗寺院に植えられることが多いのですが、このビャクシンも、赤松円心によって法雲寺が建立された際、円心が自ら植えたものとして伝わっています。

施設名 法雲寺のビャクシン
住 所 678-1277 兵庫県赤穂郡上郡町苔縄637
アクセス 智頭急行苔縄駅から約徒歩5分
連絡先 0791-52-4129
備 考 境内は自由にお入りください。